研究開発領域

学校・民間教育用 教材/評価問題開発

私たちは自然と協調しながら生活を営み、またその営みが新たな生活の舞台を造っていきます。

ジーコンサルでは、主に中学校社会科地理的分野および高等学校地歴科地理の教材や評価問題の開発をおこなっています。従前の「地名物産地理」への偏重から脱却し、科学的な社会認識を土台とした「地理的な見方・考え方」の育成に資する教材・評価問題の開発につとめ、私たちの生活の舞台を様々なスケールでとらえることのできる力の育成に主眼を置いています。


高等学校向け全国模試問題の開発

大学入試センター試験では、知識の量のみを問わず科学的な思考の過程を問う良問が多く出題されています。

ジーコンサルは大手実施主体から、全国の高校生が学校で受検する地理Bの模試問題作成を請け負っています。知識の具体性や特殊性で難易度を安易に調整するのではなく、一般性の高い上位の知識を用いた地理認識を適正に測ることのできる問題、新しい共通テストの論理構成に準拠した問題の開発に努めています。


学校教員向け 授業開発コンサルト

わが国の社会科は、地理・歴史・公民の3分野から「社会」についての理解や認識を深めることが求められています。

しかしながら、社会科と地理歴史科・公民科で生徒に育成されるべき力の違い、授業者自身の専門分野以外の授業づくりの労力とストレス、単語の暗記偏重の副教材とそれに準拠した評価テスト、各分野ごとの授業実施時間のアンバランス、校務分掌などによる教材研究に費やせる時間の不十分さなど、教員を取り巻く授業研究の環境は必ずしも整っていないのが現状です。

ジーコンサルでは、「自分の授業をより良くしたい」と考える“やる気十分”な教員に対して、指導案の添削指導などを通じて、単元や当該授業の目標、評価方法、中心質問と枝葉の発問、生徒観など、個々のアイデアやそれぞれの整合性を検討していき、子ども達が「覚えたから書ける」ばかりではなく「できなかったことができる」ようになる姿を一緒に追求していきます。


国立大教育学部附属学園における       授業開発 / 授業実践

当コンサルは国立大学長からの派遣依頼を受け、教育学部附属学園にて社会科の授業開発・授業実践を複数年行ってきました。

「覚えることが勉強」で立ち止まらせないよう、膨大な地理的事象を抽象化して自然と人とを結びつける理屈をおさえ、他地域に援用できる地理的思考力と、それを支えるイメージ化能力の育成に主軸を置いて授業実践を行ってきました。


〈コンサル開設以降の長期実績のみを掲載〉